就活コーディネーターの主観
派遣プログラマの将来への不安に迫ります!正規それとも独立?

seと言えば、様々な業種に別れており、ネットワークの構築や制御を行う人もいれば、ハード的なものを整備したりするSEも存在します。
そんな中で、派遣のSEに任せられる仕事というのは、どういうものが多いかというと、基本的には、なんでも任されます。

例えば、自分がプログラムを得意とするSEだったとします。そんな中で派遣された企業から頼まれた仕事が、ネットワークの構築だったという話は、珍しくありません。
逆に、派遣なんだからなんでも出来て当たり前でしょと言う考え方が、一般的な人間の考え方です。

そもそも、SEと言う職業について、日本人の知識はとても低いのです。
とりあえず、そういうことのプロフェッショナルなんだったら、これも分かるだろうと言う勝手な先入観と誤解をしています。

SEにも種類があるのを知っているのは、SEとして働いている人だけだと言っても、過言ではありません。

しかしながら、派遣社員にとって勉強をする時間というのは皆無に近いです。
もしも、新卒で入ったと二人のうち、どちらかが派遣社員で、どちらかが正規社員だったとします。
この時は、派遣社員の方が給料はいいのですが、そのうち正規社員の人に追いぬかれてしまいます。

何故ならば、派遣社員には、教育の機会がないからです。
ましてや、SEなどのIT業界においては、正規社員ですらなかなか教育の時間は取れません。

なので、派遣社員で働くというのは、どんな仕事でも、なんでも出来るようにしておかないと難しい仕事だといえるでしょう。

派遣社員も派遣会社の社員であることは変わりないので、もしかしたら派遣会社の方で、なにかしらの講習等はあるのではないかと思いますが、そこまで派遣会社がコストをかけてくれるとは限りません。

派遣で働くのは、一種の繋ぎと考えて働くのが、無難なのではないでしょうか。個人的にはおすすめ優先順位として、正規社員から派遣、最期にフリーランスですかね。その理由は正規社員だと企業のさまざまな恩恵が受けられます。セミナーやOJTなど。そこからスキルアップを図り、自分のスキルでより稼げる派遣へ。最期に経験を積んでフリーランスの道へというルートでしょうか。

もちろん、おすすめ順位はあくまで私の個人的主観ですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です