就活コーディネーターの主観
派遣プログラマの将来への不安に迫ります!正規それとも独立?

正規社員でも、自分が雇用される会社というのがどんなところかを知っておくというのは、とても重要な事です。
面接の前に、その会社の企業情報などをホームページやアドバイザーの方から仕入れておくことは、基本中の基本だといえるでしょう。

派遣のSEにとっても、その下調べの重要性は変わりません。
むしろ、派遣社員という特性上から、正規社員よりもその会社について知っておくというのは、重要性の高いことになります。

そこで働くことになった時に、自分のスキルが活かせるのかどうかというのは、分かりませんし、派遣社員に任せられる仕事というのは、基本的には自分の管轄外のこともあります。
なおかつ、派遣社員は正規社員でない分、教育に時間をさいてくれることはないので、ぶっつけ本番が当たり前になってきます。

だからこそ、その企業がどんなことをしているのかというのを知っているのと知らないでは、働き方に大きな差が生まれますし、ポテンシャルの高い状態で仕事をこなしていく期間にも大きな影響が出ます。

派遣社員にも、派遣先を選ぶ権利というのはありますので、もしも自分の特性が活かせないと感じたならば、断ることも一つの選択なのです。
だからこそ、知っているということがとても大きな意味を持ってくるのです。

正規社員が自分の会社のことを知っているのは当たり前のことですが、派遣社員にとっても、その企業の特色がどんなものなのかを知っておくというのは、とても大きな意味を持っています。
自分がしっかりと働きたいと思っているのであれば、派遣先の企業の情報を知っておくことは、今後の活動の生命線とも言えるのではないでしょうか。

下調べが十分であればあるほど、自分にとって有利となりますし、働きやすさを取るのであれば、しっかりとした会社の見極めが、必要となってくるのは間違いありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です